【門前仲町・ヘッドスパ】歯ぎしりや噛みしめの改善方法

query_builder 2022/01/20
睡眠ストレス

今朝は睡眠で悩んでいるお客さんと朝活ということで公園をウォーキングしてきました☀️
今後そういう活動を増やしていきたいと思いますので興味ある方は気軽に教えてください🤗


さて、前回は歯ぎしりや噛みしめにはTCH(歯列接触癖)が関連していて、そのTCHの改善ができれば歯ぎしりや噛みしめのほとんどは良くなるというお話をしました!
今回はそのTCHの改善方法を載せていきますので、是非チェックお願いします!


基本的な方法として、人間がもともともっている上の歯と下の歯が触れると離すという反射を取り戻すための行動療法がメインになります!


「歯を離す」「リラックスする」などの言葉を1つ決め、それを書いた貼り紙(付箋など)を10枚以上用意して家中に貼ります!
その貼り紙に気づいた瞬間に口を開いて息を吐き出しながら全身の力を抜くということを繰り返します!


この行動療法のポイントは、口を閉じる筋肉をいかに緩めるかということです!


逆説的ですが、「歯を離しておこう」と口を開ける筋肉を使うのではなく、口を閉じる筋肉をいかにリラックスさせ緩めるかということがポイントです!


この方法は、本来は意識しないでも体が動く「反射」を取り戻すためのトレーニングになります!


なので、意識的に歯を離すのではなく、「貼り紙を見る→脱力する」ことを繰り返すということが重要です!


すると、いずれ貼り紙を見ただけで脱力するようになり、さらに貼り紙を見なくても脱力できるようになり、最終的には歯が触れた刺激があると無意識に歯を離すようになっていきます!


行動療法になるので意識するのに多少の時間は掛かりますが、歯ぎしりは噛みしめが続いて辛い人は試しみてもいいかと思います!


たまに発生する歯ぎしりの場合はその歯ぎしりでストレスを解放している場合もあるので無理に直さなくてもいいとのことです!
ただ、その歯ぎしりが毎日続くならTCHの可能性があるので、上下の歯が触れると離すという行動療法をやってみて下さい!


できることから少しずつ変えていきましょう👍

----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG