【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】睡眠負債の解消法②

query_builder 2022/09/27
睡眠ストレス
20220930_014036_0001

こんにちは!

江東区門前仲町でドライヘッドスパによる頭蓋骨調整と整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します!


前回、睡眠負債の解消に必要な要素ということで

①熟睡する

②睡眠ホルモンを増やす

ということをお伝えしました。

今回はその続きの③覚醒物質への対策のお話をします!

よろしくお願いいたします!


③覚醒物質への対策
覚醒物質とはその刺激を受けるだけで交感神経が優位になり、一気に目が覚めてしまう物質です。例えば、ストレスや緊張、排気ガスや喫煙も覚醒物質となります。

私たちは覚醒物質からの刺激を受けると、その刺激に負けないように体温や血圧、心拍数を高めて抗おうとします。その時に副腎という臓器からコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌することで、心拍数や血圧などを勝手に調整するシステムが働きます。

しかし、ストレスや刺激をずっと受け続けることで副腎が疲れ、コルチゾールが出せなくなってしまい「副腎疲労」という状態になってしまいます。さらに、覚醒物質と闘うために各細胞では大量にエネルギーが作られます。そのエネルギーを作った代謝産物として活性酸素という物質が出ます。この活性酸素が体内に増えすぎてしまうと身体のあらゆる部分を傷つけてしまい、さらに睡眠が取れない身体になってしまいます。
まず副腎疲労への対策として、副腎のエネルギー源であるビタミンB群ビタミンCをしっかり取ること。このビタミン類が足りていないといきなりストレスが掛かった時に一気に押しつぶされそうになってしまいます。

次に活性酸素への対策として、ファイトケミカルという成分を摂取することが重要です。ファイトケミカルとは緑・赤・黄・紫などの色が濃い野菜などが持っている外敵に食べられないように出される成分の事です。代表的なところで、アントシアニン、カテキン、リコピンなどです。この成分が活性酸素を防いで、抗酸化に働いてくれるのです。
覚醒物質への対策で重要なことは、私たちが日常の生活で普段1のストレスで暮らしていたとします。そこにいろんなストレスや刺激が加わり、急に100のストレスが掛かったとすると、普段1のストレスで必要な栄養素の100倍の栄養が体内にないとストレスに負けてしまい体調を崩すということが起きてしまいます。 なのでビタミンやファイトケミカルも意識して摂取するようにしましょう。ビタミンはマルチビタミンミネラルでバランスよく摂取することをオススメします!


まとめ

前回から睡眠負債の解消というテーマで①熟睡する②睡眠ホルモンを増やす③覚醒物質への対策についてお話ししました。

私たちの体は食べたもので作られます。ただ、食べているものに偏りがあると、エネルギーやホルモンなどにちゃんと使われなくなってしまいます。栄養を意識することで睡眠の改善につながりますし、栄養が足りてしっかり眠れると更に効率よくエネルギーを作ったり、細胞を生まれ変わらせたりできるようになります。

なので、栄養も睡眠もできることから少しずつ変えていきましょう!


今回もお読みいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いいたします!


ゆくる 大城


ー------------------------------

眠れない原因は身体にあるかも!?

血流が悪い、身体の緊張が取れない、ずっと考え事をしている、頭が重い、夢をよく見るといった症状は身体が常に興奮状態で「休まらない体」になっている可能性があります。当店はドライヘッドスパでの頭蓋骨調整と全身整体での施術で頭から身体全身をゆるめて興奮状態を改善していきます。もしそのような症状でお困りでしたら一度ご相談ください。お待ちしております。   

----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG