【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠改善】睡眠改善で始めたこと

query_builder 2022/07/15
睡眠
png_20220715_092602_0000

こんにちは!

江東区門前仲町・越中島の方で整体とドライヘッドスパを組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します。


前回、私が睡眠改善整体を始めた理由を書かせていただいたのですが、今回はそこから自分の睡眠を変えるためにやっていったことを書かせてもらいます。


最低限必要な睡眠時間を知る

働く環境はそのままで睡眠の勉強をしながら、自分の睡眠を改善させることをやっていきました。

まず私が取り組んだのは「自分の最低限必要な睡眠時間はどれぐらいだろうか?」ということを自分なりに確かめてみました。最初はだいたいの感覚で、3時間睡眠での疲労感や感情の動き方、それが4時間、5時間、6時間睡眠になるとどう変化するのか?ということを確かめていきました。

働き方は変わらないので、毎日違う時間に寝てどうなるかを調べた結果、私の場合は5時間睡眠を切った時に疲労感や感情の落ち込みが強くなるということを感じました。 そこからはなるべく5時間は眠るように予定を立てていきました。


睡眠を最優先に確保する

例えば、普段通りの時間に帰れた場合、【先にお風呂に入り→その後洗濯機を回す→その間にご飯を食べる→片づけなどお皿を洗う→ちょうど終わった洗濯物を干す→眠る】という流れで夜中の2時までには眠ることをるルールとしました。

帰る時間がいつもより遅い場合、【先にご飯を食べる→片づける→お風呂に入る→寝る直前に洗濯機を回す→眠る→朝起きてから洗濯物を干す】という流れに変えてなるべく眠る時間を確保するということをやっていました。

そこの手順を変えるだけで帰宅が遅くても洗濯の終わる時間・干す時間のロス部分の20~30分を長く眠れるようになりました。そういう工夫をしてなるべく5時間近く眠ることを実践し、1年ほどかけて少しずつ体調は良くなっていきました。


睡眠改善でまずやること

先述したことを踏まえて、睡眠を改善するうえでまずやることは「自分の現状を把握する」ということです。

私の場合は”最低限必要な睡眠時間”でしたが、皆さんの場合は『自分が一番調子が良かった睡眠』を覚えていてほしいです。

例えば、睡眠時間が6時間でも”体調が悪い日””絶好調の日”があると思います。その睡眠の前に何をしていたのかを把握してほしいのです。スマホを見ていたり、夜ジムで運動したり、ご飯の時間がいつもとズレたり、起きる時間が変わったり、など何かしら行動に違いがあると思います。

それらを把握して「この行動をした日はとてもよく眠れた」「この行動は眠れなくなるからやめておこう」というのが出てくるはずです。そういうことを繰り返していくことで、あなたにあった睡眠儀式(ルーティン)が出来上がると思います。

今ではスマホの無料アプリでも睡眠の質が測定できたりするので、そういうのを活用してみて、自分の睡眠前の行動と合わせて確かめてみてもいいと思います。

睡眠でお悩みの方は「自分の現状を把握すること」から意識してみてください。

気になることがあれば下記にURLを貼っていますので、そちらから直接メッセージなどいただければアドバイスさせていただきます。

お気軽によろしくお願いします。

https://www.yukuru-sleep.com/contact/



オススメのアプリを載せておくので試してみてください。

●apple→スリープマイスター

●android→睡眠(スリープ)サイクル


今回もお読みいただきありがとうございます。

また、次回もよろしくお願いいたします。


ゆくる 大城   

ー-------------------------------

ゆくるでは、●寝つけない●睡眠途中で目が覚める●朝起きられない●日中に眠気が出るといった症状を改善していきます。ドライヘッドスパと整体を組み合わせて眠れる身体を作り、その眠れる状態をご自身で管理できるような方法をお伝えして実践していただきます。もし、睡眠でお困りの際はお気軽にご相談ください。

----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG