【門前仲町・ヘッドスパ】悪夢について

query_builder 2022/01/20
睡眠

こんにちは☀️
江東区門前仲町・越中島エリアでドライヘッドマッサージで睡眠改善をしているゆくるの大城です!


今回は睡眠中に見る夢の話ですが、
そのなかでも悪夢についてお話します☝️


まず、人間はストレスの影響下に置かれることで夢が増えていきます!
特に悪い夢が増えてきてら感情的な負荷がかかっているサインです!


仕事や人間関係の悩みがそのまま露骨に夢に反映されるとは限らず、子供の頃の嫌な思いをした夢、現実の出来事とは関係ない嫌な夢などパターンはさまざまです☝️


自分ではそこまでストレスを自覚していないときでも、もし繰り返し悪夢を見るようになったら、実はなんらかのプレッシャーがかかっているかもしれません😟


似たようなテーマの悪夢を持続的に見るようになってきたら、まずはストレス過多だということを自覚しましょう💧


現代の日本はビジネスシーンにおいて、特に業務量が多く、しかも感情労働(感情の抑制や鈍麻、緊張、忍耐などを不可欠の要素とする労働)も多くて、働く人にかなり負荷がかかっています💧


「嫌なことは寝て忘れろ」と言ったりもしますが、実際にレム睡眠の時に恐怖記憶の定着が減弱したという研究結果もあります。


逆に、脳波を用いた別の研究では睡眠の時間が長ければ長いほど恐怖記憶が蘇りやすくなるという研究も行われています。


他にも災害や犯罪の被害にあったときには直後にあまり寝ない方がいいという指摘もあります。
被害にあった当時は全然眠れないという事例もありますが、それは脳の防御機能でなるべく嫌な記憶を定着させないようにしているともいわれています☝️


どちらが正しいのかはまだわかっていませんが、いずれにせよ多くの人は時間の経過とともに自然に回復していきます。


どんな人でも悪夢は見るものです。
たまに見る程度や日中にそこまで気にならないようであれば問題はないです。
その程度の悪夢であれば、人に話すことが手近な対処法となります。


ストレスが増えると悪夢も増えます。
そうなるとただでさえ少ない睡眠時間に睡眠の質も下がり、慢性睡眠不足になり、うつ病に繋がっていきます。


そうなる前に私からのアドバイスとしては、「いつもと違うことをしてみよう!」です❗❗


例えば、運動不足なら散歩や軽い運動をしてみたり、出勤や買い物などでいつも同じ道を通っているのなら少し遠回りして違う道を通ったり、いつも買う飲み物とは全く違う飲みを買って飲んでみたりなどいつもと違うことをしてほしいです☝️


いつもと同じ行動だけだと脳に入る情報はいつものままだし、何も変化しません🙅
いつもと違う行動をして、いつもと違う感覚を脳に入れることでいつも使っていない脳の場所が使われ始め、新しい刺激が脳に入り活性化されます💡


そうなると今までの悪い記憶は少しずつ小さくなっていき、新しく入ってきた新鮮な刺激を脳は吸収し、うまく新陳代謝していきます😁


そうやって少しずつ身体も脳もポジティブに変えていきましょう👍


ちなみに先週から毎週土曜日の朝9時から木場公園をウォーキングするという朝活を開始しております❗


参加は自由で約30分ぐらいなので興味あれば気軽にゆくるの方までご連絡ください🤗


睡眠で悩んでいる人の睡眠を改善させるためにいろいろやっていきます☀️☀️☀️
よろしくお願いします🙏



----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG