【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】睡眠負債で起こるリスク

query_builder 2022/04/22
睡眠
png_20220422_110811_0000

こんにちは!
門前仲町・越中島エリアでドライヘッドスパと整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します。
今回は睡眠不足が溜まり、睡眠負債が蓄積することで起きるリスクについてお話ししていきます

①仕事の生産性や効率の低下
まず、睡眠が不足することによって集中力が低下します。
人間の脳が十分に覚醒した状態で作業ができる限界点は12~13時間だといわれています。仮に15時間起き続けるとお酒を飲んで、ほろ酔いになっている酒気帯びの状態と同じ程度の脳の働きになってしまいます。

さらに、17時間以上経過すると血中アルコール濃度0.05%と同じ程度の脳の働きになります。さらに24時間以上起きていると血中アルコール濃度0.1%と同じ程度の脳の働きになります。
ちなみにですが、呼気1リットル中のアルコール量が【0.15mg】を超えて車を運転すると酒気帯び運転になります。それをふまえて、血中アルコール濃度0.04%を呼気1リットル当たりのアルコール量に換算すると【0.2mg】に相当します。

ということは、17時間以上起きているだけで脳の処理能力は酒気帯び運転で捕まるレベルまで低下してしまいます。
その状態では、仕事中における凡ミスが増えてしまうし、最悪は事故を起こしたりしやすくなります。アメリカでは、長距離運転手が睡眠不足により1時間に1人事故を起こしているという情報もあります。
また、最近では寝だめがそういう状態を作っていると言われることもあります。平日に必死に働いた分、週末にいつもより長く寝て睡眠不足を解消しようとすることで、体のホルモンバランスが崩れ、週明けに仕事のパフォーマンスを下げてしまいます。寝だめによって下がった仕事のパフォーマンスは、水曜日の午前中まで低パフォーマンス状態にしてしまうと言われています。
なので週末の寝だめはやめて、いつもと同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにしましょう。15時までに長めのお昼寝をとるなどして対策しましょう。


②病気のリスクが上がる
睡眠負債を溜めることで86の病気のリスクが上がると言われています。とくに糖尿病が1番多く、次に認知症、がんや心疾患などのリスクも上がります。
●ベンゾジアゼピン系の睡眠薬※1の服用が6ヶ月を超えるとアルツハイマー型認知症のリスクが84%上昇(モントリオール大学、ボルドー大学)
●睡眠不足のマウスは注意力や認知機能に関するニューロン(神経細胞)が25%減少していた(ぺルシルべニア大学、北京大学)
●睡眠不足が3~5年続くと脳体積(大きさ)の減少率が大きくなる(オックスフォード大学MRIセンター)
●4時間以内の睡眠を1週間続けるとインスリンの働きが25%減少し、初期の糖尿病患者と同じ処理能力になる(シカゴ大学)
●いびきをかくとがんの発症のリスクが4.8倍になる(ウィンシスコン医科大学)※2

※1:ベンゾジアゼピン系の睡眠薬
ハルシオン、デパス、レンドルミン、リスミー、エバミール・ロラメット、エミリン、サイレース、ユーロジン、ベンザリン・ネルボン、ダルメート、ソメリン、ドラールなど

※2:いびきをかくことで呼吸が止まることで、酸素不足になりその状態が続くとがんのリスクを高めてしまう。


③人間関係の悪化
睡眠が不足するとセルフイメージが下がってきます。なんか自信がなくなったり、ネガティブな発想になったりということが起こってきます。これは、睡眠が不足することで脳の中でガンマヒドロキシ酪酸というものが増えてきて、その成分がセルフイメージを下げてしまう要因になっています。
また、睡眠が不足すると些細なことでイライラしたり、重要なところで判断できなくなったりしてしまい、本能的な行動が多くなってしまいます。
それは、脳の前頭前野という部分の機能が低下することで発生します。前頭前野は脳内でも論理的な思考であったり、クリエイティブな思考を司る部分になります。睡眠不足によってそこの機能が低下することで、判断力が下がったり、理性が働かず本能的に相手に対して言ってはいけない発言をしてしまい、人間関係を悪くしてしまいます。
しっかりと睡眠をとることで前頭前野の動きを正常に保つことができるので

日本人は世界で1番眠れていない
2018年にOECD(経済開発協力機構)に加盟している29ヵ国を対象に睡眠の比較調査を行った際に、日本人の睡眠時間は世界の睡眠時間と比べると一番短いという結果になりました。OECD全体の平均睡眠時間の8時間25分に対して、日本人の平均睡眠時間は7時間22分となっています。しかし、実際には7時間も寝ていないよという人も結構多いのではないかと感じます。時間の比較だけでも単純に睡眠不足大国になっています。
非営利研究機関ランド・ヨーロップの調査研究によると、日本の睡眠不足によっておこる経済損失は年間約15兆円となり、これを1人当たりの生涯賃金で計算すると、1人当たり平均で約900万円の損失が出ると言われています。
平均睡眠時間よりも睡眠時間が短い人はさらに損をしているかもしれません。

まとめ
睡眠が不足することで身体的、社会的、精神的なものにすごく悪影響が出てしまいます。皆さんの最近の出来事で、仕事の効率が下がったや判断ができなくなった、すぐにイライラしてしまう、ネガティブ思考しか出てこないなどということを感じた方は、もしかしたら睡眠が足りていない、もしくは睡眠の質が下がっているかもしれません。
そういう状態のときは、「休もうよ」という身体からの信号だと思ってしっかり休みましょう。

少しでも皆さんのお役に立てればと思います。
今回もお読みいただきありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。


ゆくる
大城

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆくるでは、ドライヘッドスパと整体を組み合わせて睡眠改善を行っています。 睡眠がしっかりとれないと、免疫力の低下、仕事のパフォーマンス低下、すぐにイラつき人間関係の悪化などにつながります。 睡眠が悪くなってしまう要因には、①肩こりや腰痛などの体の不調や痛みがある、②仕事や人間関係でのストレスによって副腎疲労が起きている、③スマホやPCなどからの情報過多により自律神経が乱れている などが考えられます。 「眠れない」には理由が隠れています。その理由を探して、根本改善をしていきます。ゆくるでは、医療系国家資格を持った施術者が体の知識と睡眠の知識を織り交ぜて睡眠改善に導きます。 睡眠でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG