【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】大事な大事なレム睡眠について

query_builder 2022/08/05
整体睡眠
png_20220805_165822_0000

こんにちは!

門前仲町・越中島エリアで整体とドライヘッドスパを組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します!


前回、睡眠の質を高めるには「黄金の90分」を意識すること、さらにそれを達成するための13項目についてお話ししました。

そして今回は、睡眠の質の話で外せないすごく重要な『レム睡眠』という浅い睡眠の部分をお伝えしていきます。レム睡眠の時に身体に何が起こっているのか?参考になればと思いますのでぜひお読みください!


レム睡眠ってなに?

レム睡眠は起きる直前などに出る浅い睡眠のことを指します。特徴としては、睡眠中なのに脳波の波形が覚醒しているときと同じような動きをするところです。そのことから「逆説睡眠」とも言われ、脳波は活発なのに身体は間違いなく寝ていて動かなくなります。

深いノンレム睡眠中には身体のほとんどの部位では少し緊張が残るのですが、レム睡眠に入った途端に身体は完全な麻痺状態となります。麻痺といっても自分の意志で動かせる筋肉(随意筋)だけの活動が止まり、命に係わる心臓や血管などの筋肉(不随意筋)は動き続けます。これがレム睡眠の終わりまで続くのです。


レム睡眠の情報処理能力

さらに、レム睡眠に入ると外からの情報は完全にシャットアウトされて脳内に入らないようになります。

その時に脳内のスクリーンには感情や動機、記憶といった情報が映し出され、一度整理された情報を取り出し新しい情報と結び付けていると考えられています。

情報処理という観点からみると、覚醒時には視覚や聴覚、嗅覚などといった感覚器を使って外からあらゆる情報を受け取り、ノンレム睡眠中はその受け取った情報を振り返り新しい記憶を長期の保管庫(大脳皮質)に移動させます。そしてレム睡眠が始まると、現在もっている情報と過去の保存された情報とを繋げ、独創的なひらめきや問題解決の作業も行っています。

さらに、レム睡眠は脳の情動回路(感情など)に絶妙な調整を行います。私たちはレム睡眠を原動力に、原始的な感情(本能の部分)が洗練されて、あらゆる事柄を理性的にコントロールできるようになったと言われています。

レム睡眠の働きの1つに社会情動的な情報を読み取るという能力があります。相手の顔や表情、身体のジェスチャー、群衆行動といった情報を正しく読み取ることで複雑な社会生活をうまく営むことができるようになっているのです。それに関連して睡眠のおかげで日々の生活での自分の感情をコントロールし、知的で合理的な決断と行動ができるのです。


お読みいただきありがとうございます。

今回ご紹介したレム睡眠はまだ1部にすぎません。

収まらなかった大事な大事な部分をまた次回お伝えさせていただきます。

睡眠は深い部分も浅い部分も両方がしっかりと役割を果たすことで私たちのパフォーマンスを高めてくれます。

次回も重要な部分になるのでお読みいただけると幸いです。

ではよろしくお願いいたします。


ゆくる 大城


★何かお問い合わせがあれば下記の【お問い合わせはこちら】をクリックしてください!


ー-----------------------------ー-


ゆくるでは、●寝つけない●睡眠途中で目が覚める●朝起きられない●日中に眠気が出るといった症状を改善していきます。ドライヘッドスパと整体を組み合わせて自律神経を整え眠れる身体を作り、その眠れる状態をご自身で管理できるような方法をお伝えさせていただきます。もし、睡眠でお困りの際はお気軽にご相談ください。


----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG