【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】自律神経とは?

query_builder 2022/10/07
整体ストレス
20221007_013125_0000

こんにちは!
江東区門前仲町でドライヘッドスパと筋膜リリースによる頭蓋骨調整と整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】と申します。

あなたは「自律神経が乱れているかも?」と思ったことはありませんか?
そう思っている方は多いのですが、実際に自律神経がどんな役割をしているのか知っている人はあまり多くないと感じます。
今回は自律神経についてお伝えしていきます!

よろしくお願いいたします。

自律神経とは?
自律神経とは人間の生命活動のバランスを勝手に調整している神経です。
例えば、呼吸や心臓、血液の流れや食べ物の消化・吸収といった生命維持に必要な現象を無意識でも勝手にコントロールして調整しているのが自律神経になります。
自律神経は交感神経と副交感神経の2種類に分かれます。
●交感神経(闘う神経)
太陽が昇っている日中の活動時に働く神経。
交感神経が優位になると・・・
心拍数は速くなる、血管収縮、血圧上昇、筋肉は緊張、胃腸の動き抑制、発汗の促進など

●副交感神経(休む神経)
日が暮れて脳と身体を休ませ、回復させるために働く神経。
副交感神経が優位になると・・・
心拍数はゆっくり、血管拡張、血圧の下降、筋肉は弛緩、胃腸の動き促進、発汗の抑制など


太陽が昇れば交感神経優位にして働く体に調整し、日が暮れたのを感知すると副交感神経を優位にして休む体に調整し日々のバランスを取っています。

自律神経が乱れる原因は?
自律神経の乱れを引き起こすものには「ストレス」と「生活習慣の乱れ」の2つが大きく関係しています。
私たちはストレスを受けると一気に交感神経を優位にして抗おうとします。ストレスと聞くと精神的なものを想像すると思うのですが、他にも身体の疲れや筋肉の緊張などの身体的ストレス、仕事やコミュニティ活動での社会的ストレスもあります。

そういったストレスを減らすためにも重要なのが睡眠なのですが、最近は在宅勤務や生活環境の変化によって就寝時間や起床時間がズレて、生活習慣が乱れている人が多くいます。

本来は朝同じ時間に起きて、昼仕事をして、夜は同じ時間に寝ることで自律神経のバランスを取っていたものが、夜でも明るい環境でテレビやスマホを見れて交感神経優位の時間が長くなっています。そういう生活を続けることで、体を休ませるはずの副交感神経の働きが鈍くなり体が休まらなくなり、自律神経を乱してしまいます。

自律神経の乱れチェック

下記項目に当てはまるものが多い方は自律神経が乱れている可能性があります。

□よく頭痛がする、頭が重い感じがある
□胸が圧迫されるような苦しさがある
□肩がこりやすい
□めまいがする
□全身がだるい感じがする
□下痢や便秘になりやすい
□朝、早くに目が覚めてしまう
□朝は気分がすっきりしないことが多い
□これから先、頑張れる自信がない
□なんとなく不安でイライラする
□人に会いたくない気持ちが強い
□集中力が続かない
もし複数当てはまった人は生活習慣を見直して自律神経を整えるように心がけましょう。
当店ではドライヘッドスパと筋膜リリースによる頭蓋骨調整と全身の可動域を取り戻す整体を行い、頭から全身の血流を高めて神経や筋肉の興奮を抑えることで自律神経を整える施術を行っています。
もし、睡眠に関わる症状や自律神経の症状、慢性的な腰痛や肩こりなどにも実は自律神経は関係してきます。そういった症状でお困りでしたら、一度ご相談お待ちしております。


今回もお読みいただきありがとうございました!

また次回もよろしくお願いいたします。


ゆくる

大城

----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG