【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】睡眠負債の解消方法

query_builder 2022/09/23
整体睡眠栄養
20220923_010642_0000

こんにちは!

江東区門前仲町にてドライヘッドスパによる頭蓋骨調整と整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します。


前回、睡眠負債のチェックの話をさせてもらいました。

自分の睡眠が不足している状態なのか確認ができるのでぜひ前回のブログを確認してみてください!(※一番下にリンクを載せてます。)
今回はその「睡眠負債」の解消方法についてお話していきますので、お読みいただければと思います!

睡眠負債の解消に必要な要素

睡眠不足の状態が毎日毎日積み重なり、気づいたら返済できないくらいに負債として溜まっていることを睡眠負債といいます。
その睡眠負債を解消するのに必要な要素が大きく3つあります。それが、、、
①熟睡する
②睡眠ホルモンを増やす
③覚醒物質への対策
上記の3つになります。
1つ1つ詳しく説明していきます。

①熟睡する
熟睡するとは「ぐっすり深く眠る」ということです。
あなたは最近深く眠れていますか?朝起きた時に疲れが取れていますか?
熟睡ができているときには朝はスッキリ起きられ、疲れも残っていない。そんな時が熟睡できているときです。逆を返せばそうでない時は、睡眠の質はあまりよくない状態かもしれません。
熟睡するためには、全身の筋肉や神経の興奮を抑えること、さらに全身の血管を拡張して血流を良くすることが必要です。なので、ストレッチや深呼吸をすること、姿勢や寝やすい服装で眠るというの大事な要素です。
しかし、最近は寝る直前までスマホを見ていたりしてずっと体が興奮状態のままで寝落ちしている人が多いです。自分で運動などしてコントロールができていればいいのですが、運動をしていない方ほど身体も頭も硬くなり、眠れない身体になっています。

何をしても変わらないのであれば、一度当店のような整体や揉みほぐしなどを受けて、外部からいつもと違う刺激を入れて「身体が休もうとする感覚」を変えることをオススメします。

②睡眠ホルモンを増やす
睡眠ホルモンの「メラトニン」というものをご存じでしょうか?太陽が沈み外が暗くなるとこのホルモンは分泌されます。分泌されることで、全身に「もう休む時間です。休む準備をしましょう!」と働きかけ、心拍数や血圧を下げたり、血管を拡張させ血流を良くして回復させるように働きます。
このメラトニンの数を増やすには朝食でタンパク質を摂取することが重要です。タンパク質の中でもトリプトファンというアミノ酸を多く含むタンパク質が必要です。
朝食で食べたトリプトファンを原料に、日中に運動をしたり、太陽を浴びたりしてよく活動することでセロトニンという神経伝達物質に変わり、そのセロトニンが増えれば増えるほど夜にメラトニンに変化します。
メラトニンを増やすには朝食を食べて、昼間によく動くというシンプルな活動が重要なのです。


少し長くなったので③覚醒物質への対策は次回に載せさせていただきます。


今回の分をシンプルにまとめると「しっかり朝食を摂って、昼間運動すれば熟睡できる体になるよ」という事です。

文字にしてみると普通の事なのですが、そのリズムが乱れて眠れない身体になっている方が多いです。

【ゆくる】の施術では身体をしっかり検査して、動きの悪い関節の動きを出す整体を行い身体の可動域を広げます。そのあとに筋膜ドライヘッドスパで頭蓋骨調整を行うことでリラックス状態を作り、身体全体の回復を早めていきます。

慢性的な肩こりや腰痛、頭痛や眼精疲労、また最近睡眠が乱れてきたといったお身体や睡眠でお悩みでしたら一度お気軽にご相談ください。


次回はまた続きを書いていきます。

よろしくお願いします。


ゆくる 大城


----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG