【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】特別になった人間の睡眠

query_builder 2022/08/11
整体睡眠
20220812_095624_0000

こんにちは!

江東区門前仲町・越中島エリアで整体とドライヘッドスパを組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します!


前回に引き続き、浅い睡眠であるレム睡眠が人間の睡眠にとってとても重要な働きをしているということをお話ししていきます!


特別になった人間の睡眠

睡眠という行為は全動物に共通していますが、動物によって睡眠のパターンは様々な型をしています。特に、近い存在の霊長類であるチンパンジーやオランウータン、ゴリラなどは1日に10~15時間睡眠をとります。それに対し、人間の睡眠は約8時間ととても短くなっています。

しかし、レム睡眠の時間は他の霊長類よりも圧倒的に長く、他の霊長類は全睡眠の9%ほどがレム睡眠といわれるのに対し、人間は20~25%がレム睡眠となっています。

私たち人間はレム睡眠の時間が増えたことにより脳が急速に発達し、様々な繋がりを増やすことができました。その中でも人間にしかできないことが「社会生活の複雑さ」と「認知力の高さ」です。レム睡眠とそれに付随する夢を見るということがこの2つの特徴を大きく発達させたと言われています。

私たちの祖先は木の上で寝ていたところから、「火」を使えるようになり、「火」を焚くことで肉食獣を近づけず、地上で眠れるようになりました。それでも危険を伴うために短い時間でいかに質の高い睡眠が取れるのかと進化してきたのです。その進化の中でレム睡眠が多くなったと言われています。そして、レム睡眠が増えたことで認知力や創造性、心の知能が発達し複雑な社会を築けるようになりました。そこに発達した脳も加わることで寝ている間の危険回避の戦略を立て、昼に活発に脳を動かし、夜は十分なレム睡眠をとって頭の中を整理する。このサイクルの繰り返しによりさらに複雑な情報処理ができるようになっていったのです。


まとめ

人間の睡眠は他の動物たちと比べて特別で、短い時間で急速に身体を休め、さらにその時間内で情報や感情の整理、相手の表情から人の感情を読み取るといったの能力を睡眠によって強化してきました。

深い睡眠中(ノンレム)に脳と身体を休ませ、浅い睡眠(レム)では1日受けとった情報を整理するという役割分担や共同作業をすることで短時間でも回復できるようになっています。

睡眠改善をする際にはまずこの深い・浅いというサイクルを整えることがとても重要になります。

睡眠時間の確保も大事ですが、まずは『黄金の90分』を意識して、その後にくる浅い睡眠をとれる環境や習慣を作っていくことがとても重要です!

それができれば、身体は健康で、私生活や仕事のパフォーマンスを高まり、人間関係のコミュニケーションも円滑に進み、有意義な日常が送れるようになると思います。


今回もお読みいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いいたします。


ゆくる

大城


参考:睡眠こそ最強の解決策である マシュー・ウォーカー著


ー--------------------------------ー------

ゆくるでは、●寝つけない●睡眠途中で目が覚める●朝起きられない●日中に眠気が出るといった症状を改善していきます。ドライヘッドスパと整体を組み合わせて自律神経を整え眠れる身体を作り、その眠れる状態をご自身で管理できるような方法をお伝えさせていただきます。もし、睡眠でお困りの際はお気軽にご相談ください。

----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG