【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】正しい寝つきとダメな寝落ち

query_builder 2022/05/18
睡眠
20220520_104710_0000

こんにちは!

門前仲町・越中島エリアでドライヘッドスパと整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城と申します。


皆さんは睡眠に入るときにちゃんと寝つけていますか?

今回は皆さんが意外と勘違いをしている「寝つき」と「寝落ち」について書いていこうと思います。

寝つけるか、寝落ちするかで睡眠の質はだいぶ変わってきます!

ぜひお読みいただけたらなと思います。


正しい寝つき

まず、正しい寝つきとは、寝ようと思ってから約16分ほどかけてゆっくり眠りにつくことが良い寝つきになります。寝つく体勢に入り、ゆっくり体温を下げたり、呼吸数を落としたり、血管をゆるめたりしてだんだん身体を休めるように整えて眠りにつきます。

しかし、お客様のお話を聞いていると、「私、寝つきはいいんです!5分かからないで寝てます!」という方が結構多いのですが、それは睡眠学的に言うと、普段の睡眠が不足して足りていないことの証拠になります。8分以内で寝ついているということは、脳が「早く寝たい。早く休ませてくれ~。」といっている状態で、横になった瞬間にシャットダウンをしている状態です。

このまま睡眠が足りていない状態が続けば将来、高血圧や脳卒中、アルツハイマー型認知症や悪性腫瘍(がん)などといった86個の病気のリスクが上がります。

もし、今現在がそういう状態であれば生活を見直してみましょう。


ダメな寝落ち

さらによく聞くのが、寝る直前までスマホを見ながら動画やSNSを見ていて気づいたら寝落ちしている人も多くいます。そのような寝方をしていては身体は休まりません。

眠る前のスマホや動画チェックは脳を活発に動かしてしまい、脳の体温も下がらず、脳が稼働したまま寝落ちした状態を作ってしまいます。なので、睡眠が浅くなり、脳が少しの物音でも反応してしまい目が覚めたり、夜中に何回も起きてしまったりということに繋がってしまいます。

「7時間寝たのに疲れが取れない」という状態を自ら作ってしまっているのです。

疲れを取る最高の睡眠の条件は、最初の90分で一番深い睡眠をとることです。そのためには前述した、”ゆっくりと寝つく体勢を整える”ということがとても重要になります。

睡眠改善の方法はたくさんあるのですが、その中の最初の一歩は自分の寝る前の習慣を見直すことだと思います。

次回は「良い寝つきは最強の武器」というテーマを書いていきたいと思います。


今回もお読みいただきありがとうございました。

少しでも皆様の参考になればと思います。

また次回もよろしくお願いいたします。


ゆくる

大城



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆくるでは、ドライヘッドスパと整体を組み合わせて睡眠改善を行っています。

睡眠がしっかりとれないことで体にとって様々な影響が出ます。免疫力の低下、仕事のパフォーマンス低下、すぐにイラつき人間関係の悪化などにつながります。

睡眠が悪くなってしまう要因には、①肩こりや腰痛などの体の不調や痛みがある、②仕事や人間関係でのストレスによって副腎疲労が起きている、③スマホやPCなどからの情報過多により自律神経が乱れているということが考えられます。

「眠れない」には理由が隠れています。その理由を探して、根本改善をしていきます。ゆくるでは、医療系国家資格を持った施術者が体の知識と睡眠の知識を織り交ぜて睡眠改善に導きます。 睡眠でお悩みの方は、お気軽にご相談ください



----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG