【門前仲町・ヘッドスパ・睡眠】なぜ呼吸は大事なのか?

query_builder 2022/11/18
整体睡眠
png_20221118_081508_0000

こんにちは!
江東区門前仲町でドライヘッドスパと筋膜リリースによる頭蓋骨調整と全身の緊張を和らげる整体を組み合わせて睡眠改善をしている整体ゆくると申します。

今回は私たちが生まれた瞬間からずっとやっている【呼吸】についてお話していきます。
呼吸は私たちの身体を支える活動の基礎で、命を維持するために最も重要な運動です。
私たち人間は生まれてから死ぬまでに約6億回の呼吸を行うと言われています。産声を上げたその瞬間から呼吸が始まり、1日に2万回以上の呼吸を行い続けています。私たちは、無意識の中でとてつもない数の呼吸運動を毎日続けているのです。

そもそもなぜ呼吸をしないといけないのか。私たちの体は何十兆個もの細胞から構成されており、その細胞各々がエネルギーを産生することで活動することができています。そのエネルギーを産生するためには『水+栄養+酸素』という材料の組み合わせが必要になります。
なので私たちが活動するうえで酸素がないとエネルギーが作れなくなるので酸素は必須のものとなります。

ちなみに、食べ物(栄養)がない状況で人が生きられるのは10日~3週間ほどです。水がない状態では約72時間しか生きられないと言われています。

では、呼吸ができなくなるとどうでしょうか。呼吸ができない状態が10分続くだけで死亡率は50%程度に達します。息が4〜6分の間止まっているだけでも低酸素状態によって意識を失い、やがて心臓も止まってしまいます。そのぐらい呼吸をして酸素を取り込むということが重要な運動なのです。

では、呼吸(運動)の事を意識してやっているという人はどのぐらいいるでしょうか?ほとんどの方が意識などせず、無意識に呼吸をしていると思います。呼吸には胸式呼吸腹式呼吸と2つのパターンがあり、仕事や運動などの活動時には胸式呼吸になり、リラックスや睡眠中は腹式呼吸になることが理想的です。このパターンを分けるのには自律神経が関係していて、胸式呼吸の時には交感神経が、腹式呼吸では副交感神経が関わっています。
最近のお客様の特徴でデスクワークなどで姿勢が崩れ、さらに運動不足で体が硬くなり常に肩周りが緊張していて胸式呼吸になっている方が多くなっています。その状態では常に交感神経が優位になってしまい、寝ても睡眠が浅く、起きた時に疲れが取れずにまた疲れた1日を過ごすようになっしまいます。さらには症状を慢性化させてしまい、ひどい肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。

そうならないように日ごろからリラックスする時間を設けて意識的に腹式呼吸を取り入れてみましょう。仕事の合間や寝る前の5分間など自分でできそうな時間を作って習慣化してみましょう。

それだけでも体の緊張状態を抑えやすくなり、寝る時に寝つきやすくなったリするはずです。ぜひお試しください!


もし「自分で取り組んでも変化が出ない」「腹式呼吸をしても全然リラックスできない」などでお困りでしたら、一度外から刺激を加えて体の感覚を変える必要があります。当店の施術は身体の緊張を取るように施術をした後に頭も整え自律神経を整えていきます。もしお困りでしたら一度お気軽にご相談ください。


今回もお読みいただきありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします。


ゆくる 大城


----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG