【門前仲町・ヘッドスパ】自然治癒力を高める

query_builder 2021/12/10
整体

こんにちは!


門前仲町&越中島でドライヘッドスパと睡眠整体を組み合わせて睡眠改善をしている【ゆくる】の大城です!




「人は身体の中に100人の名医を持っている。その100人の名医とは自然治癒力であり、医師はそれを助ける手伝いをする。」


これは、紀元前にギリシャで医師として活動していたヒポクラテスの残した言葉です。


そんな昔からこういうことが言われているってすごいですよね!


ということで、今回は自然治癒力についてお話します。




自然治癒力とは


私たちの身体にはみんな自然治癒力というものを持ち合わせています。


例えば、ケガをしたとき。


ケガすると、まず傷口が広がらないようにかさぶたを作って出血を最小限で抑えます。そこから、けがをした部分に一気に修復に必要な栄養素を送り込み傷口を治すということが勝手に行われています。




また、体内で病気(自分の細胞と違う異物)が入っていたらいろんな免疫系統の細胞が戦って、その病気の細胞をやっつけるか、体外に出すように働きます。




そうやって、私たち人間の身体は「自分の身体を自分で治す」という能力をみんな持っています。




人工的なものなどには大体寿命があります。


例えば、車でも普通に毎日使っていればもって10年前後ぐらいで限界がやってくる。


どんなに丈夫な家を作っても時間がたつとだんだんガタが出てきて誰かが修理をしないといけなくなります。




人間は大けがとかをしない限り、普通に生活をしているだけでは外から修理(手術など)される必要がないですよね。


そんな素晴らしい能力を持っていることに感謝です!






自然治癒力を高めるには


自然治癒力を高めるには睡眠・食事・運動のバランスが大事です。


その中でも、私は睡眠がとても重要だと思っています。


食事も身体の材料になるものなので、すごく大事だと思います。


ですが、今回は睡眠について取り上げます。




自然治癒力になぜ睡眠が重要なのか?


それは、身体の壊れた部分の修復や免疫系の細胞が活性化されて身体を一気に回復させるのが睡眠中だからです。




人間の細胞は、●日中勤務の細胞と★夜勤務の細胞に分かれているとイメージして私たちの生活に当てはめてみます。




日中は●日中勤務の細胞が筋肉などを動かして体温を上げ、身体を動かすことに全力を使う。その時には★夜勤の細胞は休憩中です。




これが、夜になると★夜勤務の細胞と●日中勤務の細胞が交替し、日中勤務の細胞が休んでいる間に、★夜勤務の細胞が身体の壊れた部分や傷ついた部分を一気に修復していきます。




このサイクルが毎日身体の中で行われています。




日中活動した分、夜勤の細胞がうまく働かないと身体は回復しません。


この夜勤の細胞の活動時間こそが睡眠時間になります。




皆さんは夜勤の細胞が働く時間しっかり取れていますか?


疲れが取れていなくて、日中の眠気などをエナジードリンクやコーヒーなどでごまかしていませんか?


心当たりのある方は今一度、ご自身の生活を見直してみましょう。




まとめ


自然治癒力を高めるには規則正しい生活が大事です。


その中でも睡眠時間(★夜勤務の細胞を活動させる)が取れないと心も身体もネガティブな方向に行ってしまいます。




大人なら6.5~7.5時間、子供たちでは小学生なら9~10時間ほど、中・高生なら8~9時間ほどは最低とるようにしないと身体の回復が間に合いません。




私は柔道整復師という国家資格を持っています。


その柔道整復師の仕事は「損傷に対して評価、整復、固定、後療法(手技・運動・物理療法)、指導管理を行い、人間の持つ自然治癒力を最大限に生かす環境づくりを行う」と定義されています。


ドライヘッドスパや整体もその役割、自然治癒力を高める役割を担っていると私は考えています。




柔道整復師としての損傷(ケガ)や体の知識、セラピストとしての睡眠を改善させたいという思いをうまく融合させて、みなさんの自然治癒力を高められるように貢献していきたいと思っています。




「休む」とは、「ぐっすり眠る」こと。


「ぐっすり眠る」ことは、「自然治癒力を高める」こと。


睡眠は心も体も回復させ、みなさんを「幸せ」にします!




では、これからもよろしくお願いいたします!



----------------------------------------------------------------------

ゆくる

住所:東京都江東区古石場1-1-2 加藤ビル5階

電話番号:090-7587-8885

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG